Open Space Member Blog東京(埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)を中心にメンバーが参加してバドミントンやテニスなどを中心に活動を楽しんでいます♪ 行事の思い出日記の掲載から、自己紹介、サークルのお知らせ、遊びやスポットなど日常の事を掲載して、メンバーを知り交流のきっかけを図っています。

宝塚観劇日記 *星組「ベルリン、わが愛」編について*

2017.12.06

宝塚観劇日記 *星組「ベルリン、わが愛」編について* はコメントを受け付けていません。

11月は観劇していなかったのでお久しぶりの宝塚でした。
12月に入ったので、劇場内にはクリスマスツリーがありました。
今回は撮らなかったので今度載せます。

 

公演名
お芝居:ベルリン、わが愛
ショー:Bouquet de TAKARAZUKA

主な配役
テオ・ヴェーグマン 紅 ゆずる     
ジル・クライン 綺咲 愛里
エーリッヒ・ケストナー     礼 真琴

 

お芝居のあらすじ(公式より引用)
サイレント映画からトーキーへと移り変わる頃──。
1920年代から30年代にかけて、
ハリウッドと並ぶ映画の都として栄華を誇った
ドイツ・ベルリンにも、
ナチスが暗い影を落とし始めていた。
そんな中、新しい娯楽作品を模索する男達は、
ミュージカル映画こそ大衆が求めるものだと確信し、
その実現へ向けて邁進していた。
無名の踊り子を抜擢し撮影された映画は大成功を収める。
しかし、プロパガンダとして映画を利用しようとする
ナチスの圧力は強まる一方だった。
理想と現実の狭間で苦悩しながら、
映画を愛した彼らが描いたシナリオとは…。
激動期のベルリンを舞台に、
「映画」を愛した人間たちの姿を、
運命的なラブロマンスを織り交ぜながら
ドラマティックに描き出すミュージカル。

 


お芝居の感想
時代は第二次世界大戦前の頃です。
宝塚ではこの年代の作品は結構あります。
大きな時代の流れと、それに対抗する主人公サイドの人たち
という話が組み立てやすいのでしょうね。

話としては前に宙組公演であったJe Chanteを
観劇したことのある人は
話が分かりやすかったのではないかなーって思います。
Je Chanteは今回専科で出演している
凪七瑠海さん主演公演で
ナチスの背景があり主人公達は舞台に縁があるなど似ている設定でした。
調べてみたら演出家の先生が同じでした。納得☆
そんなこんなで今作はJe Chante別バージョンを
別キャストにて見た感が強かったです。
何が言いたいかと言うと、
Je Chanteのヒロインをした
花影アリスちゃんが可愛かったのよーって
力説したかったんです。


話を戻します。

思ったより映画作りに偏っているわけでなく
思ったより恋愛一辺倒でなく
思ったより世界情勢がからむわけでなく。
ラストがどういうストーリーになるか
見ている時ハラハラしたぐらいかな。
盛り上がりのある話の展開ではないですが
話を詰め込みすぎて展開についていくのがやっと、
というせわしなさがないのはいいですね。

 

今回退団する夏樹れいさんが歌手役で
退団公演で男役の方が女役されるのに
賛否はあるのかもしれません。
ただ私としては夏樹れいさんの歌が好きなので
エトワールドタカラヅカの新人公演の天秤座の場面や
太陽王の黒ミサの場面などなど。
最後に歌を聞かせてもらえて嬉しかったです。

退団者ではないですが
音波みのりちゃんの扱いが良くて満足です。
アクの強い役でも宝塚らしさのある
品よく演じてくれる子なので
安心して見ていられるといいますか。
星組は押し出しの強い娘役が多い中
いつも品のある存在でいてくれるのは心強いです。


ショーのあらすじ(公式より引用)
90周年を迎えたタカラヅカレビューの伝統を紡ぐレビュー作品。
世界巡りの形式で展開するバラエティに富んだ場面に、
きらめく花の様に多彩な輝きを放つ紅ゆずるを中心とした
星組メンバーの魅力を一杯詰め込んだ、
豪華絢爛なレビューをお届け致します。

 

ショーの感想
ショーはレビューなのでゆめゆめしく華やかでした。

綺咲愛里ちゃんにはレビューが似合いますね。
可愛らしさが合っています。

礼真琴さんがショーで、際立っていました。
歌とダンスが飛びぬけてうまいので
その場の空気をがらっと変える能力があります。
ぜひとも、礼真琴主演のコンサートを開催してほしいですね。

ショーでは花売り娘の星蘭ひとみちゃんが
目立っていたように感じました。
明日の新人公演でヒロインをするので
お芝居の方ではどう輝いているのか注目したいです。


デュエットダンスのドレスは3組踊っていました。
娘役は肩周りにボリュームのあるドレスでした。
なんかこんな光景昔見たようなと思ったら
12年前のエンターザレビューというショーでも
似たようなデュエットダンスがありました。
華やかなドレスを着ているとはいえ
頭飾りにボリュームがあっても
みんなネックレスがなかったのでと
デコルテが寂しかったです><


私の今回の見どころはショーのエトワールです。
宙組に異動が決まっている天彩峰里ちゃんが抜擢されました。
ここ最近の星組のエトワールは
下級生の歌がうまい娘役が選ばれて幸せです。
峰里ちゃんは餞別の意味もあるのか
ショーの一場面でも目立っていました。
礼真琴さんとのカップルはほんわかした気分になります。

他に気になった子は蝶役で抜擢された水乃ゆりちゃんです。
まだまだ知らない子なので
これからの活躍に期待したいです!

The following two tabs change content below.
ゆかこ
綺麗なもの、可愛いもの、儚いものが大好きです。日々穏やかに平穏に過ごしたいです。
西洋陶磁器に心惹かれて、特にWEDGWOODやRoyal Copenhagenが大好きです。
趣味は宝塚観劇で、ハープを習っています。素敵な称号をもらったので称号名に負けないようにがんばりたいです。

称号名:夢の国のハープ姫
水曜日のブログ担当です【☆良★皆150済】
アイコン選択連絡待ち2014.10/21

出会いを目的としたサークルではありません。参加者には、結婚している方や、恋人がいる方もいます。沢山の参加者がいる為、参加理由は様々ですが、必然的にカップルができたりします。秘密にしたい方もいますが、せっかく知り合ったメンバー内での恋のいざこざ防止の為、申告頂いた方のみ下記のアイコンが設置されています。2014.10/15

プロフィール申告なし

関連記事

コメントは利用できません。

訪問者数

本日の訪問者数

Blogカテゴリー

定期更新サークル称号者星マーク

皆勤更新☆良記事★

訪問者数

昨日の訪問者数

累計訪問者数

投稿カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031