バドミントンをはじめる方にルールをわかりやすくお伝えしています。基本的なルールからゲームの流れを解説しています。

バドミントンを始める初心者の方へ「必要な道具優先順位」第1位バドミントンシューズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レジャー(外でする)バドミントンではなく、「屋内」でバドミントンをする場合の方必見!

屋内の競技用バドミントンをはじめられる初心者の方に是非読んでいただきたい。「必要な道具の優先順位」をつけながら紹介していきます。

スポンサーリンク

バドミントンを始める時に絶対に優先したい道具

一番最初に揃えていただきたい道具とは、

1.「バドミントンシューズ」

「ラケット」って方が多くいると思います。確かにバドミントンをこれから始める方は、「バドミントンシューズ」は今ある「屋内シューズや体育館シューズ」で済ませ、ウェアなどは運動のできる服装で賄うって方が多くいるかと思います。

しかし、初心者だからこそ「バドミントンシューズ」は可能な限りいいものを揃えた方がいいです。バドミントンは、動くスポーツです。そのためしっかりとグリップ力を効かせて止まれることがとても重要です。

ここでのグリップ力(グリップ)とは

すべりやすいシューズ→グリップ力が弱い
すべりにくいシューズ→グリップ力が強い

グリップ力が高い=摩擦が高い【停止する力「地面を掴む」性能と思っていただけば助かります。】

停止する荷重と熱により、シューズの底面(表面)が溶け、床面に貼りつくことでの摩擦係数

靴底面との摩擦力(床面・シューズのゴムの質・温度・着速度・重さ・摩擦)によりグリップ力が異なります。

  • 床をしっかりととらえること
  • しっかりと靴底がグリップする
  • 接地性を高めることでグリップを高める
体育館は想像以上に滑る

体育館は思っている以上に滑ります。ましてやグリップ力のなくなっているシューズだと更に滑ります。シューズは使用していると、グリップ力がなくなってきます。

代用で「屋外で使用していたシューズ」や「昔使用していたシューズ」外では滑らなくても、体育館だとグリップ力が効かず滑ります。

初心者でグリップ力のないシューズでバドミントンをすると、氷の上でバドミントンをするのと同じです。滑りから安定感がない為、怪我などが心配になり更に動きがぎこちなくなってしまいます。少しオーバーですが、上級者でもグリップ力のないシューズでバドミントンをするとかなり格下の相手でも負けます。

これからバドミントンを始める方、「バドミントンシューズ」を揃えバドミントンを始める事をおすすめします。

バドミントンシューズ選ぶ際のポイント
  • サイズ
  • 履いて違和感のないもの
  • 靴の裏が飴色

他にもクッション性や軽さ通気性など、いろいろありますが値段と相談しながら好きなものを選ぶといいと思います。使ってみて、いろいろなシューズを履きこなして初めて良し悪しなど判断できます。

靴の裏は飴色の物をおすすめします。靴裏の色が体育館の床に付くとの事から飴色のものしか利用できない体育館などが多くあります。

バドミントンシューズ靴裏が飴色

スポーツ店で試着して良いサイズがあればネットで買うと安いのが見つかるかも知れません。

店舗購入もアドバイスなど頂いたりできるのでおすすめです。

バドミントンを始める方「最初はシューズを」

ここを読んでいる方は、これからバドミントンを始める方かもしれません。

そしてシューズを選ぶのに迷うかもしれません。

ラケットは貸出(レンタル)ができる所も沢山あります。最初はレンタルラケットで十分かと思います。

しかし、シューズに関しては動きやすさや、怪我防止のことも考えて妥協はしない方が良いです。

この記事を参考に一人でも多くの人が最初にシューズを購入しバドミントンを長く楽しくできればと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

バドミントン記事

初心者から受入してくれる

初心者バドミントンサークル
本日の訪問者数

昨日の訪問者数

累計訪問者数