バドミントンをはじめる方にルールをわかりやすくお伝えしています。基本的なルールからゲームの流れを解説しています。

バドミントン初心者がラケットを選ぶときのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バドミントンを楽しむ上で欠かせないのがラケットです。ただ、バドミントンのラケットにもいろいろなものがあります。中には「バドミントンのラケットならどれでもいい」と思っている方もいるかもしれませんが、やはり初心者の方であればラケットの選び方にも注意しておかなければいけません。というのも、ラケットがプレーのしやすさや楽しさといったものを左右してくるからです。ここでは、バドミントン初心者の方がラケットを選ぶときのポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

シャフトは柔らかいものを

初心者の方にとって、シャトルが飛ぶかどうかというのは重要なポイントになってきます。ここに関係してくるのがバドミントンのラケットの「シャフト」と呼ばれる部分です。バドミントンのラケットにおいては網状になっているところがフェイスと呼ばれ、持ち手のところがグリップと呼ばれます。ちょうどフェイスとグリップをつないでいる細い部分、これがシャフトと呼ばれる部分になります。

初心者の方であれば、シャフトの柔らかいラケットがいいでしょう。なぜシャフトの柔らかいラケットがいいのかというと、シャフトが柔らかいラケットであればその分、しなりの力を使って、シャトルを飛ばすことができるからです。しなったシャフトの反動でシャトルが飛んでいくことになりますので、そこまで力をこめなくともバドミントンが楽しめるのです。

逆に、しなりの少ないシャフトの硬いラケットを選んでしまうと、初心者の方は苦戦してしまうでしょう。というのも、しならない分、タイミングが難しくなってくるのです。初心者の方にとっては打つ楽しみというものが大きくなってきますので、そこを損なってしまうとバドミントンそのものを楽しむことができなくなってしまいます。シャフトの硬いラケットは、初心者ではなく、上級者向けと考えておいたほうがいいでしょう。

ちなみに、速いスマッシュを打とうと思ったらシャフトの硬いラケットのほうがいいです。初心者の方であればまずはシャフトの柔らかいラケットで十分に練習をして、慣れてからシャフトの硬いラケットに持ち替えて、速いスマッシュを打てるように目指すのがいいでしょう。シャフトの硬いラケットに持ち替えるにしても、徐々にその硬さを上げていくようにしましょう。

 

重さは軽いものを

バドミントンのラケットというと、もともとそう重たいイメージはないかと思います。ただ、重さというのもそれぞれで違ってきますので、初心者の方であればやはり少しでも軽いものから選んでいったほうがいいでしょう。

バドミントンのラケットの重さは、数字にアルファベットの「U」で表現することになります。だいたい2Uから5Uくらいまでのものが多く、数字が小さければ重たく、数字が大きければ軽くなります。平均的なラケットが3Uくらいになりますので、初心者の方であれば4Uくらいの軽いものから始めるといいでしょう。

先ではシャフトが柔らかいとしなりの反動で力をこめずとも打つことができるという話をしましたが、ラケットそのものが軽いと同じように力をこめずとも打つくことができます。逆に、ラケットそのものが重いとラケットを持ち上げる時点で、変な言い方になりますが余分な力を使ってしまうのです。すぐに疲れてしまって、バドミントンを楽しめなくなってしまうでしょう。

重たいラケットもやはり上級者向けです。重たいラケットであれば、重さが乗る分、より攻撃的に打つことができます。初心者の方は軽いラケットから始めて、慣れてきたら徐々に重たいラケットに持ち替えるようにして、攻撃的なスマッシュなどが打てるように目指していきましょう。

 

グリップは平均的なものか細めのものを

グリップというのは、ラケットにおける持ち手の部分です。実際にこのグリップを握って、ラケットを動かしていくことになりますのでグリップの太さや細さといったものも重要なポイントになってきます。

ラケットの重さのときは数字とアルファベットの「U」で表現していましたが、グリップの太さに関してはアルファベットの「G」と数字で表現することになります。数字が大きくなればなるほど、グリップは細くなります。

ただ、グリップというのは後から太くすることもできます。例えば、グリップのところにテープのようなものを巻いているシーンを見たことのある方も多いのではないでしょうか?正確にはアンダーラップと呼ばれるものなのですが、これを巻くことによってグリップを太くしていくことができるのです。後から太くすることができるということを考えると、初心者の方は平均的なものか細めのものを選んでおくほうが安心です。

もともとグリップの太いラケットというのは、グリップのほうがやはり重たく感じられます。ただ、手の大きい方には馴染むでしょうし、力強く打つこともできるでしょう。逆に、グリップの細いラケットに関しては、手の小さな方に馴染みやすいです。また、グリップが細いことによってプレー中の持ち替えといったものもしやすいですし、操作性もいいと言われています。こういった部分を考えても、太いグリップよりも細いグリップのほうが初心者の方にとっては安心なのです。

 

ラケットを持ったときの重心もポイントに

先でも触れましたが、グリップの太いラケットであればグリップのほうが重く感じられます。これは言ってしまえば、ラケットの重心がグリップの部分に来ているということです。実はこのラケットの重心もラケットを選ぶ際には、重要なポイントになってきます。

まず、ラケットのフェイスのあるヘッド部分に重心のあるものは「ヘッドヘビー」と呼ばれます。持ったときにヘッドの部分に重みを感じて、ラケットのヘッド側の先端がぐっと下がるような感覚になるでしょう。ラケットの上部に重心があることによって、攻撃力のあるスマッシュなどを打ちやすくなります。パワータイプの方におすすめです。

次に、重心がラケットの下のほうにあるものを「ヘッドライト」と呼びます。名前の通り、ラケットのヘッド部分が軽く作られています。重心がラケットの下のほうに来るため、ヘッド部分を振りやすくなります。ラケットを振るときの力が弱いという方はもちろん、ラケットを振るのが遅れてしまうといった方にとっては、ヘッドライトタイプのラケットはかなり使いやすいでしょう。スピーディーなプレーも楽しめるはずです。

そして、重心がちょうど真ん中あたりにあるものを「イーブン」と呼びます。先でお話ししたヘッドヘビーとヘッドライトのちょうど中間的な存在になります。イーブンは、ヘッドヘビーならではのパワープレイ、ヘッドライトならではの操作性といったそれぞれの魅力をほどよく備えています。重心が中間にあるからこそ、コントロール性も高まります。バドミントンのプレーにおいてコントロールを重視する方であれば、このイーブンがいいかもしれません。

ざっくりと3つのタイプをご紹介しましたが、基本的にどれが正解というわけではありません。それぞれに魅力がありますし、大切なのは自分にとってどれが使いやすいのか、自分のプレーに合っているのはどれなのかということです。こればかりは実際に持ってみないことには感覚がわかりませんので、お店でそれぞれのラケットを持って体感してみましょう。おそらく自分にしっくり来るものが見つかるはずです。

 

バドミントンを楽しむためのラケット選びを

バドミントンのラケットというのは、実に選択肢が多いものでもあります。おもちゃレベルであれば100円ショップにもありますし、ホームセンターなどに行けば1000円くらいのものも見つかるでしょう。もちろん、そういったものが悪いというわけではないのですが、もし今後バドミントンを楽しみながら続けていきたいという気持ちがあるのであればやはりそれなりのものを選んでおいたほうがいいでしょう。

実際にラケットの質の違いといったものを体感したことのない方であれば、「ラケットくらい」と思ってしまうかもしれません。しかしながら、ラケットでシャトルを打つというバドミントンだからこそ、ラケットがかなり重要になってくるのです。ラケットが使いにくいと、それだけでバドミントンへのモチベーションも下がってしまうでしょう。

例えば、ランニングをしようと思ってシューズを選んだものの、そのシューズが足に合わないとなってくるとランニングが苦痛になり、途中やめになってしまうかもしれません。バドミントンを始めたのにラケットが合わないとなってくると、同じように途中やめになってしまう可能性があるのです。

バドミントンを楽しむためにも、楽しみながら続けていくためにも、初心者の方はラケットを吟味して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

バドミントン記事

初心者から受入してくれる

初心者バドミントンサークル
本日の訪問者数

昨日の訪問者数

累計訪問者数