バドミントンをはじめる方にルールをわかりやすくお伝えしています。基本的なルールからゲームの流れを解説しています。

バドミントンゲームの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シングルス・ダブルス共に基本ルールは変わらず、試合は3ゲームマッチで行われ、先に2ゲームを先取した方が勝ちます。

1対1になった場合は、ファイナルゲームとも呼ばれる第3ゲームが行われます。

公式のゲームでなければ、「1ゲームのみ」や「点数を少なく」など調整してるところも沢山あります。

1ゲームは21点を先に取った方が勝ち

1ゲームは21点を先に取った方が勝ちますが、20対20になった場合は延長となり、2点差がつくか、30点を取った方が勝ちとなります。

以前はサーブ権を有している時に、ラリーに勝った場合のみポイントが加算されるサイドアウト制が導入されていましたが、今はサーブに関わらずラリーに勝った方にポイントが入るラリーポイント方式が用いられ、ラリーに勝った方が次のサービスを行う権利を得ます。また、第1ゲームが終了した時や、第2ゲームが終了し、続けて第3ゲームを行う場合、あるいは第3ゲームでどちらかが最初に11点になった時に、コートの交換が行われます。

規定どおりにコートが交換されなかった場合は、スコアはそのままで、そのラリーが終了してからコートの交換が行われます。

 

先に述べたように、相手を動かして出来たスペースにシャトルを落とし、ラリーを取るスポーツであるバドミントンは、運動量が多くなります。このため、どちらか一方のポイントが11点になった時に、1分間を越えない休憩時間を設け、ゲームとゲームの間には2分間を越えない休憩時間を設けることがルールで定められています。

このインターバルの時間には、先に述べたコートの交換時間も含まれます。

スポンサーリンク

シングルスとダブルスの違いについて

シングルスとダブルスの違いはどういった部分なのでしょうか。

まず、コートの広さが挙げられます。コートの長辺はシングルスと変わりませんが、短辺の両端が46cmずつ長くなっています。

続いてプレイをするエリアについて知ることをおすすめします

シングル(1対1)の場合とダブルス(2対2)の場合では、プレイエリアが異なります。

社会人からバドミントンをされる方は、ダブルスでプレイする事の方が多くあるかと思います。

シングルスコートの広さ(プレイエリア)
ダブルスコートの広さ(プレイエリア)

シングルスとダブルス特徴的な「サーブ権の移動の仕方」

シングルスサーブ権の移動の仕方と仕組み
ダブルスサーブ権の移動の仕方と仕組み

バドミントンを始める初心者の方へ「必要な道具優先順位」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

バドミントン記事

初心者から受入してくれる

初心者バドミントンサークル
本日の訪問者数

昨日の訪問者数

累計訪問者数