バドミントンをはじめる方にルールをわかりやすくお伝えしています。基本的なルールからゲームの流れを解説しています。

バドミントンシングルス編「サービス権移動の仕方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分の点数が偶数点の時はコートの右側から、奇数の時は左側からサービスします。

レシーバーも常に対角線上に向かいゲームがスタートします。

 

レシーバーがラリーに勝った場合、サービス権はレシーバー側に移ります。得点を獲得した側の点数が偶数点(0.2.4.6.8….)ならコートの右側から、奇数点(1.3.5.7.9…)ならコートの左側からサービスを行うことになります。

スポンサーリンク

例)サービス権A 対 B 0対0サービス側の得点が偶数なので右から左へサーブ

例えばA対Bのシングルスで、0対0の時にAが対角線上にいるBにサーブを打ったとします。

Aサービス権 0対0  B

※Aの打てるサービスエリアは紫のエリアとなります。

ラリーの結果、Aが得点を得た場合、Aは左側の位置に移動して、今度は左から右へとサービスを行います。

Aが得点 サービス権が続き得点が奇数なのでA(左)からBへサーブ

Aチーム1対0チームB

以前はファーストサーバー、セカンドサーバーと、2回のサービス権を持ち、2回ラリーに負けるまではサービス権は移行しませんでしたが、現在そのルールは無くなっています。

基本ルールを覚えることで、バドミントンゲームの流れをより理解しやすくなり、より試合を楽しめるのではないでしょうか。

バドミントンを始める初心者の方へ「必要な道具優先順位」

バドミントンサーブの種類と打ち方「サーブ注意点」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

バドミントン記事

初心者から受入してくれる

初心者バドミントンサークル
本日の訪問者数

昨日の訪問者数

累計訪問者数